絶滅危惧種の動物

絶滅危惧種の動物について

絶滅危惧種にはいる動物

絶滅危惧種の動物がいるというのを耳にします。それはよく知られている動物であっても変わりません。すでに日本国内でここ数十年や数年の間にトキやカワウソが絶滅しています。誰もが知るライオン、チーター、ゴリラにいたるまで現在では指定されています。理由は捕獲や森林開発、そして気候の変化などが原因です。身近な例では山から広げすぎた都市部に餌を探しに降りてきて騒ぎになる例に近いものがあります。昔は食していても現在は食材として扱うことができなくなったりしています。毛皮など一部だんだんと難しくなっています。思うより多く意外に思える有名な種まで心配され保護が望まれています。

動物の絶滅の原因と対策

動物が絶滅するのにはさまざまな原因があります。一番は乱獲です。食糧としてだけではなく装飾品として捕獲することが問題視されています。他には人が外来種を持ち込んだために本来種が乗っ取られたり、人が増えて動物の生活圏をなくしたり、地球温暖化などがあります。そこでこれ以上絶滅が起こらないように対策が実行されています。乱獲はワシントン条約で法的に規制されています。その他の問題は私たちの努力が必要です。外来種を持ち込まない、節電やごみの分別などで温暖化を停めることです。人類の将来を守る一人一人の意識が大切です。

↑PAGE TOP

Copyright © 絶滅危惧種の動物について All rights reserved