動物が絶滅の危機に

動物が絶滅の危機にたっている

動物たちが絶滅の危機に陥る原因

現代世界中で様々な動物が絶滅の危機にさらされているのは、多くの方々がご存知のことでしょう。原因については、残念ながらその多くが人間の行動にあるようです。もちろん太古の恐竜などと同じように、現代でも人間とはかかわりなく自然によってもたらされている場合もあるかもしれません。けれども、自然環境の大きな変動を、知らず知らずのうちに人間が引き起こしてしまっている可能性があります。純粋に自然自体だけの働きなのか、人間の無意識の行動も関係しているのか、その区別をつけることは簡単なことではないと思われます。いずれにせよ人間も動物に含まれるのは間違いありません。たとえ悪気はないとしても、自然を傷つけることは結局自分自身を傷つけることでもあるのです。責任のなすりつけ合いを避けお互い謙虚な生き方を心がけましょう。

絶滅危惧種の動物たち

近い将来絶滅が危惧されている動物は日本で30種類くらいにのぼります。乱獲や動物たちの住居を奪うと言った人間たちの行為によって多くが今まさに危険な状態にあるわけなのです。森林の減少によってはツキノワグマやオオワシ、エゾシマリス、フクロウなどの多くが絶滅が心配されています。海の汚染ではアオウミガメやジュゴンなど危険にさらされています。これ以上の乱獲や伐採や汚染をなくすために、人間が考えを改めないといけません。貴重な命を守るために今するべきことをやらなくては近い将来後悔することになるのです。地球に優しい未来を築かないといけないのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 絶滅危惧種の動物について All rights reserved